にゅーてみ

ソニーモバイルのSmartBand 2はiPhoneにも対応!

time 2015/10/20

ソニーモバイルのSmartBand 2はiPhoneにも対応!

ソニーモバイルはSmartBandの新機種、SmartBand 2 SWR12を発売しました。
ソニーモバイル製品としては珍しくiOS対応のウェアラブル端末になっています。

sponsored link

SmartBandとは?

SmartBandは腕に着ける腕時計タイプのライフログ端末です。
心拍数(脈拍)や歩数計、運動量などを計測してくれる端末で、最近ではiWatchなどのスマートウォッチにも同様の機能があります。
同じジャンルの製品として、UP by JowboneFitbitなんかがあります。

SmartBand 2の特徴

公式サイト

SmartBand 2は心拍数やストレスレベルをアプリにより可視化してくれたり、睡眠の浅いタイミングでバイブレーションで起こしてくれる機能があります。
歩数計などの運動量も加速度センサーで記録していますので、消費カロリーなどの情報も表示が可能です。

©Sony Mobile Communications Inc.

©Sony Mobile Communications Inc.

その他に、電話やメール等の着信をバイブレーションで通知してくれたり、ミュージックアプリのコントローラとしても機能します。
また、スマホが近くにない時にSmartBand 2をタップするだけで着信音を鳴らす機能がありますので、スマホを探す時に便利です。

防水(IPX8)防塵(IPX6)対応なので、日常利用では気にすることなく利用できます。
SmartBand 2を着けたままのお風呂も大丈夫そうです。
水泳は微妙なところ。30分以内だったら使えるかもしれません。

IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに本体を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。IP6Xとは、防塵試験用粉塵(直径75μm)が入ったとしても所定の動作及び安全性を損なわないように本体が保護されていることを意味します。

iOSに対応!

SmartBand 2ではXperiaだけでなくiOSにも対応しました。

©Sony Mobile Communications Inc.

©Sony Mobile Communications Inc.

iOS8.2以上の端末で利用が可能です。iPhone5以上の端末で動作確認が行われています。
iPod TouchもiOS8.2以上であれば使用可能のようです。
対象機種にiPadは除くという記述がありますので、iPadでの利用は難しいかもしれません。

ペアリング方式はXperiaの場合はNFCで、iOSの場合は専用アプリでの接続設定です。
iOSの設定からのペアリングは出来ないようです。

バッテリーの持ち

通常使用時(心拍センサーを10分間に2分間連続で使用した場合) 約2日
心拍センサーOFFでの使用時 約10日
心拍センサー常時使用時 約10時間

充電端子はmicroUSB
充電時間は約1時間以内

心拍センサー利用の有無で電池消費量が大きく変わりますので、心拍センサーを利用したい方は注意が必要です。

SmartBand 2の価格

ソニーストアで14,800円(税別)で販売しています。
価格.comでも15,000円前後(税込)での販売ですので、1,000円安いかな程度ですね。

Amazonには並行輸入品も出品されていますのでご注意くださいね。

感想など

ソニーモバイルがiOS対応端末を出したことに驚きですが、ウェアラブル製品としては選択肢が広がって良いのではないでしょうか。
デザインもシンプルな感じで液晶もありませんので、何気なく着用する分には目立たなくて良いと思います。
価格も高すぎずな感じで興味ある方には購入しやすい金額設定になっている気がします。

sponsored link

down

コメントする




PC

スマホ・タブレット

ウェアラブル

ゲーム

wordpress

その他



sponsored link

QR Code Business Card