にゅーてみ

Surface Book 発売日決定 予約開始

time 2016/01/14

Surface Book 発売日決定 予約開始

日本マイクロソフトは13日、2016年に発売予定にしていたSurface Bookの発売日を2月4日と発表し、本日14日から予約を開始します。

sponsored link

発売日

2016年2月4日(木)

予約開始は2016年1月14日より

予約特典

2月3日までに全国量販店、マイクロソフトストアで一般向けモデルを予約をされた場合、特製Surface ペンスタンドがプレゼントされます。

液晶横にマグネットで付けることができますので、利用価値があるのか分かりませんが、あれば使いそうな気もしますので、購入を決めている方は2月3日までの予約をお忘れなく。

価格

Surface Book
一般向けモデルはOffice Home & Business Premium プラス Office 365 サービス付きですので、法人モデルより14,000円高くなっています。

価格比較

Surface Pro 4との価格比較です。価格は税抜
Surface Pro 4には外部GPUは搭載されませんので、GPU以外のスペックが同じものと比較。

Surface Book Surface Pro 4
i5/8GB/128GB 204,800円 該当なし
i5/8GB/256GB GPU搭載 249,800円 179,800円
i7/8GB/256GB GPU搭載 269,800円 214,800円
i7/16GB/512GB GPU搭載 344,800円 289,800円

i7モデルでは価格差が55,000円ですが、i5 GPU搭載モデルでは70,000円もの価格差があります。
Surface Pro 4のi7が違うので、その価格差ですかね。Book:i7 6600U Pro 4:i7 6650U

VAIO Z Canvasの価格が8GB/256GBモデルは272,800円でBookが安い!
16GB/512GBモデルで342,800円ですので、価格差は大差ありません。

Surface Pro 4との違い

メリット

  • 外部GPU搭載のため、3Dゲームなども問題なく動く
  • ノートPCのようなキーボードなので安定している
  • 13.5インチの大サイズ
  • キーボード側にもバッテリー搭載のため、稼働時間が長い
  • 液晶部分のバッテリーが少ないので、タブレット時は約60g軽い
  • フルサイズのUSB3.0ポートが2つある

デメリット

  • ヒンジ部がフレキシブルなので振動で揺れる
  • タブレットにした時のスタンドがない
  • Core i7がPro 4より格下
参考
Surface Pro4とSurface Bookを比較してみる

感想など

また、Surface Pro 4にはi7/16GB/256GBの設定がありますが、Surface Bookにはありません。
ノートPCなのでメインPCとしても使用する方が多いと思いますので512GBは必要になってきそうですが、ちょっと嫌らしい設定だと思います。
i7モデルのメモリとSSDには悩まされそうな感じです。
通常のノートPCのようにSSD換装やメモリ増設が行いにくいモデル(液晶部分に収められているため)なのも痛いところです。

にゅーてみでも何回か書いていますが、i7モデルの内蔵GPUはIntel HD Graphics 520なのでキーボードを外して使用するとSurface Pro 4のi7モデルよりも性能は落ちますので、GPUに負荷のかかるソフトを使用する場合はキーボードを着けて使用することをおすすめします。

ペンスタンドだけ欲しいので単体で売ってくれないかなー

sponsored link

down

コメントする




関連記事

PC

スマホ・タブレット

ウェアラブル

ゲーム

wordpress

その他



sponsored link

QR Code Business Card