にゅーてみ

iPhone6s PlusにBUNKER RINGをつけたら便利すぎた

time 2015/09/27

iPhone6s PlusにBUNKER RINGをつけたら便利すぎた

iPhone5sからの機種変更でとっても大きくなりました。
絶対に落としそうだし、片手操作も困難なので、いろいろ調べた結果、iPhone6 Plusを使っている人にはお馴染みのアイテム?のBUNKER RING Essentialsを買ってみました。

sponsored link

バンカーリングって何?

バンカーリングとは本体の背面にリングを付けて、持つ時に指をひっかけるアイテムです。
正確にはi&PLUS社のBUNKER RINGというのが最初に発売された商品で、それを真似した製品も含めてバンカーリングと呼ばれているみたいです。

i&PLUS社 BUNKER RING

i&PLUS社 BUNKER RING

i&PLUS社のBUNKER RINGの他にAAUXX社のiRing(いきなり動画再生されますのでボリュームにご注意ください)という商品が、このジャンルでは有名です。

AAUXX社 iRing

AAUXX社 iRing

メリット

  • 中指にひっかけることにより、落下防止になる。
  • 端末を握らなくても落ちないので、指が届く範囲が広くなる。
  • 動画を見る時など、立てかける事が出来るので数人で見る時に便利。
  • 自分の好きな位置に取り付けできて、リングが360度回転するので自分の持ち方に違和感なく指が通せる。

デメリット

  • 本体背面に取り付けるため不格好・邪魔
  • 机に置く場合に背面がガタガタする
  • ケースの上から取り付ける場合にケースを選ぶ

使い勝手は?

iPhone6 Plusや6s Plusといった大型スマホでも片手で操作ができるので非常に便利です。
指さえ引っかけておけば、握らなくても良いし、落下の不安も大きく軽減されるので安心です。また、小指で底面を支えている人にとっては小指が変形する危険がありますが、そういったことも防げるので手の負担は軽くなります。

©i&PLUS社

©i&PLUS社

机などに置く時は背面を下にするとガタガタになりますが、立てておけば何も問題はありませんし、机との間に隙間も出来るので、取りやすくなったりします。

リング付きのスマホケースと比べた場合、取り付け位置が自由なので自分の好きな持ち方ができるのも良いですね。
かなり強力な粘着力がありますので、取れるといったこともありません。(割れたりすると外れることがあります)
付けはずしが何回も可能で、粘着面を水で洗い流せば強力な粘着力が復活します。

Amazonなどのレビューを読んでいると耐久性に難ありという感じですが、この便利さを体験してしまうと買い続けてしまう商品なんだと思います。

ケースの上から取り付ける場合は背面が平らなハードケースしか取り付けられない(粘着力が落ちる)ので、ケースの選択肢が少なくなるのが嫌ですね。
特にラバータイプのようなサラっとした感触が好きな人にとっては、致命的だと思います。

また、背面に出っ張りが出来ますので見た目で嫌がる人が多いのも事実です。これは実用重視か見た目重視かで意見が分かれるところですね。
BUNKER RING

BUNKER RINGとiRINGの違い

BUNKER RINGとiRINGでは見た目で2か所違うところがあります。(大きさ除く)

  • リングの位置
  • リングの形状

リングの位置

リングの取り付け位置がBUNKER RINGの方が中心からずれています。
見栄えとしては良いとは言えませんが、このずれているのが凄く便利なんです。
側面からリングまでの距離が短くなるんです。真ん中の位置に取り付けても左右どちらの手で握ってもリングまでの距離が近くなります。
また中心部分にリングを回転させる軸が出っ張っているので、指の腹をそこに引っかけることができます。
軸の部分とリングの上面に第1関節を当てることにより、テコの原理が働き親指の可動範囲がより遠くへ届くようになります。
BUNKER RING

リングの形状

iRingはリングの形状が一部平らになっています。
立てかける時にこの平らの部分が非常に安定します。
横置きの場合はBUNKER RINGも安定感はありますが、縦置きになるとiRingの安定感には勝てません。
縦置きで立てかける人って多いんですかね?
立てかける時ってほとんど動画を見る時だと思うので、横置きがメインかなぁと思うのですが…
iRing

参考!
BUNKER RINGとiRingで迷ってる方、いつも同じ手でスマホを持ちますか?
答えがNOならBUNKER RINGがオススメです。
時と場合により持ち手を変えるユーザーさんには、リングの位置を持ちやすい場所に付けることができません。
右寄りに付ければ、左手で持つ時に困りますしね。
結果として本体の真ん中にリングを取り付けることになりますが、BUNKER RINGの特徴であるリング位置のずれが非常に大きな役割を果たしてくれます。
どちらの手でも側面から近い位置にリングが来ますから。

感想など

まだ使い始めてから、それほど時間が経ってませんので全てを理解できているわけではないと思うのですが、5.5インチという大きな画面を片手で操作できるのは凄いことだと思います。
このBUNKER RINGのおかげで大きいスマホの1番大きなデメリットが1つ消えたわけです。そうなると画面が大きいから見やすいというメリットが目立つようになりますので、買って良かったと思います。
数か月で台座が割れるというレビューもたくさんありますが、壊れたら確実にリピートしそうです。

sponsored link

down

コメントする




関連記事

PC

スマホ・タブレット

ウェアラブル

ゲーム

wordpress

その他



sponsored link

QR Code Business Card